学力1位と最下位

この連休は、台風の接近もありましたが、

学力1位の県に来ています。

旦那の実家で、そこには息子と同じ年の従兄弟くんがいます^_^

いつも帰省するたびに、従兄弟の学校の話を聞いて驚かされます…。

まずは、日々の宿題の多さ。

正直、学力最下位の息子の地域ではあり得ない量です(><)

これが夏休みになると、えらい事になっています( ̄∇ ̄)もう、半分親が必死にならなければならないほど…(←意味ないやん‼︎)

そして、早朝、休み時間、昼休みを使った陸上大会の練習や、縄跳びやら、体力をつける為の指導⁉️…

従兄弟達、「休み時間なんてないよ…」と嘆いておりました(T_T)

 

息子は学力最下位、従兄弟は学力1位…。

その差は、漢字の書き方を見ても、計算の仕方を見ても、絵の書き方を見ても、文章の書き方を見ても、歴然としています。 

 

ただ…学力、体力ともに1位をとったが為に、もうそのランクを落とせない先生達のプレッシャー、教育委員会の意地?そんな事で子供達がとにかく勉強づけにされてる状況が普通な事が少し怖くも感じます。

 

だからと言って、うちの地域はこれまた色々おかしい事が山盛り。保護者のクレームのないように、教材費があまりかからないように…。

事なかれ主義から色々な事をしなくなっていく。

 

1位と最下位…両者共に何かがおかしいと言う共通点は同じ。

 

そして、そんな事は関係なくめちゃめちゃ仲良しな子供達‼️お互いの良いところを認め合い、関心しながら、刺激しあっている(^ ^)

そこには、何の隔たりもありません。