ネグレクト

ネグレクト…。

昔(?)はあまり聞かなかった言葉。

最近ネグレクトについて思う事。

 

ネグレクト=育児放棄

凄い悪い事で、そんじょそこらで見かけるような事はないと言うイメージがあったけど、最近は実はこれってネグレクトじゃない⁉️

と思う事がある。

衣食住は与えられていて、普通に見える子供でも実は家庭では色々な問題があって、本当は親から愛情をもらえてない。

親の仮面をかぶっているけど、子供の事を、実はないがしろにしている。

 

子供達と接していると、なんとなく「あれっ⁉️」と思う子がいる。

家に帰りたがらなかったり、挨拶ができなかったり、素行がおかしかったり、平気で嘘をついてみたり…。

そして、実際親と接していると、通報するレベルではないけど、ネグレクトだよな…と思う。

限りなくグレー。

でも、何をどうすればそのグレーの色を薄くできるのかはわからない…。

そして、この子達が何を感じどう育つのかが心配になる。私は子供にひたすら声をかける事しかできない…。

 

ネグレクトはごく身近にあるもの。

そしてそれに気付いても何もできない。

 

そんなやるせなさを感じる事があった日でした。