奇跡の算数A(^-^)

そう言えば…息子3年生の時。

席替えで、2学期後半に、隣に座った女の子が頭の良い子で(^-^)

照れ屋だけど、自分をしっかりもっている子。

 

3年生の時は算数のドリルの丸つけを隣の子同士でやっていたのか、先生の赤ペンでなく赤鉛筆で、丸やバツがつけられていた。

そこに、「おしい‼️」「もう少し‼️」

「頑張れ‼️」と色々な問題で間違えているところに綺麗な字で書いてあった。

3年生の担任の優しい先生は、あまり字が上手てはなかったので…( ̄▽ ̄)先生の字ではないな〜と思って、息子に聞くと隣の席の女の子が書いてくれたと。わからない問題もそっと教えてくれていたらしい(^O^)

 

そして、2学期の通知表

算数が大嫌いで大の苦手な息子の成績が…

 

Aヽ(´▽`)/

 

うちの小学校ではAが1番良い評価。

先生間違ってないですか⁉️と思わず聞いてしまった。

 

そして、3学期になりまた席替え…

今度隣になった女の子は愛嬌のある、面倒見の良い子。でも算数は苦手らしく…(^_^;)

息子はその子と2人で算数の授業の時、「わからんな…」と頭をかしげて悩んでいたそうです…。

 

そして3学期の通知表は

逆戻りのB( ̄▽ ̄)

 

あの3年生の2学期の算数A評価…奇跡でした…