優しい先生

3年生の担任の先生は、5年前にはうちの小学校にいたらしく、また戻ってこられたそうです。

背が高い30半ばの男の先生でしたが、優しそうな先生で、息子には当たり‼️の先生かも⁉️と期待大。

 

登校渋りを朝から説得していると携帯が鳴る。

小学校から電話が…「息子くん今日も学校嫌がってますか⁉️」と先生から。「息子くんに変わって下さい。私が話してみます」と。

こんな対応してくれる先生居たんだ…(T ^ T)

息子と話そうとしてくれる気持ちが本当にありがたかった。

でも、息子は泣いていて電話には出れず…。

「遅刻しても大丈夫なんで、待ってますから来て下さい。」そんなふうに言われたのも初めてだった。

先生によって対応がこんなに違うのね…

1年の時にこんなふうに対応してもらえたら、私の気持ちもずいぶん楽だったのにな…と。

でも、1年で小学校や先生に色々不信感を抱いたから、自分で何かを変えたい、何かしたいと思い心理学を勉強しよう!という思いも湧いて来たんだから、それはそれでよしとしよう‼️

 

しかし…

この優しい先生、息子をはじめ、クラスの子供達の反応が今ひとつ悪かった。「なんで〜⁉️優しい先生やろ⁉️」とクラスの子供何人かに聞いたら「真面目すぎて、おもんない」と(°▽°)

いや〜子供って厳しぃっすね…( ̄O ̄;)